EXIT

会社に勤めていれば大なり小なり注意されることはありますが、エスカレートし職場でのいじめに発展し、パワハラとなるケースがあります。そんな会社を辞めたいと考える方は少なくはありません。職場のいじめに耐えられない方へ解決策をご紹介します。

 

イジメに耐えられなくなる理由

職場で厳しい上司や先輩はいますが、成長を促すため指導を行うタイプと、ただ単に侮辱し攻撃し精神的に追い込み洗脳するタイプがいます。

 

前者の方は優しさがありますが、後者は完全に自身のストレス発散を目的としています。

殴るや蹴るなどの肉体的にダメージを負う暴行や、クズやアホなどの暴言や侮辱行為など精神的なダメージを受け続ければ、精神的に弱くなり自身でいじめを肯定してしまいます。

 

被害者の心身はボロボロになり、精神障害やうつ病といった重い病にかかれば仕事ができない状況にもなります。そして、仕事を休みがちになるや、ミスが増えればさらに周りからの圧も強くなり追い込まれてしまうことでしょう。

 

イジメの解決策

限度を超えたイジメやパワハラから脱出するためには、社内や社外の相談窓口や労働局へ相談するか、弁護士に依頼する方法があります。

 

会社が健全であれば、対応してくれ改善策を施してくれることにもなりますが、加害者が謹慎や解雇されることになれば、環境も変わるかもしれません。しかし、解雇された人物を慕っている社員がいれば、職場での立場がさらに悪化するといった事も起こり得るのです。

 

そのため、退職代行サービスへ依頼し会社に赴くことなく辞めることを選択し、転職するというのも一つの解決策になります。イジメや暴力が横行している職場にいることで、得られるのは対価として支払われる給料のみです。人間としての成長を促すことはできませんし、精神的に追い込まれ病院への通院が当然になれば、自分らしさを取り戻すことも困難になります。

 

人の入れ替えが激しい会社は、入社してから毎月だれかしらが辞めていくなど、優しく教えてくれた先輩が辞めていくケースが多く見られます。このような状況であれば疑心暗鬼にもなっても可笑しくはありません。そして、自身が被害に遭うことになれば、被害が小さい時に辞めてしまうのもオススメです。

 

まとめ

イジメに耐えられない方は、まずは会社の相談窓口や労働局や弁護士を頼りにすることで環境が変わる可能性はあります。ただし、証拠となるメールや録音データがなければ、パワハラを立証できませんので、しっかりと証拠は残しておきましょう。

 

また、わだかまりなく退職したい方は、退職代行MIRAIへご相談ください。会社との対応を私たちに任せていただき、退職まで運ばせていただきます。ご相談ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

おすすめの記事