増加

現代の社会においてパワハラやモラハラといった職場でのストレスは、新入社員や若手社員にとっては耐えがたいものです。理不尽な要求をするクライアントは別に、社内で頼りにしたい上司や先輩から逃げ出したっていいのです。パワハラ・モラハラが蔓延する職場では早期退職者が急増中。

 

退職理由も昔は昔。今は今。

石の上にも三年。ということわざを知らない社会人はそういないと思います。3年間は努力しなければ力は付かないという意味になります。

 

社会人生活で3年経つと、それなりに仕事の流れをつかみ慣れてくる頃です。呑み込みの早い社員であれば大きなプロジェクトにも参加したり、プレゼンテーションを任せられるなど重要なポジションにも就くことが大いにあります。

 

しかし、3年我慢するにも環境は大切です。パワハラやモラハラなどの社会問題にもなる状況が横行する職場も未だにあります。昭和から平成の激動の時代を生きた上司たちの中には、自身が経験した蛮行をそのまま若手に繰り返し、社内でも常識となっている昔かたぎな人種も、まだ多くいることを理解しなければなりません。

 

しかしながら、劣悪な環境で大切な人生を無理して精神を病むまで頑張る必要はないのです。企業は1社ではありません。自分に合った環境や自分が活躍できる職場を選ぶ権利は、何歳になっても社会人に与えられた特権なのです。

 

辞めて何が悪い

会社に雇ってもらっている身であっても、退職する権利は自分にあることを知っておいてください。

いくら人間関係が破綻していて、頼りにならない上司や先輩に悩まされていても、自分自身を守れる行動を起こせるのはアナタです。

 

辞めて何が悪い。そう心に決めて退職していいのです。

退職を言い出しづらい環境も世の中にはあります。

 

そんな時こそ、退職代行サービスをご利用ください。

会社にもう行きたくない。理不尽なパワハラやモラハラから1日でも早く逃げ出したい。

そういった方は、退職代行MIRAIへお問い合わせ下さい。

現在の厳しい劣悪な環境とサヨナラして、新たな世界に羽ばたきましょう。

 

まとめ

平成30年の厚生労働省調べによると、日本人の離職数は724万2800人です。

企業も残業超過など様々な問題をクリアにし、社員が安心できる環境づくりを組まなければならない時代とされています。グレー企業やブラック企業で、辛い思いをされている方は、ぜひ自身の今後について考えてみて下さい。今よりも悪い環境は、そう多くはないのかもしれません。

おすすめの記事