パワハラ

パワーハラスメントは、社会問題にもなっている大人のいじめです。小学生でもいじめが問題にもなっているのにもかかわらず、職場で権力が上の上司や先輩などが、後輩や同僚をいじめて追い詰めます。今回は、パワーハラスメント原因で辞める社員が急増した理由についてご紹介します。

 

パワーハラスメントとは

パワーハラスメント略してパワハラとは、職場で優位な立場にいる人が、立場を利用して嫌がらせをするハラスメント。

パワハラは上司だけでなく、同僚や先輩に部下からの嫌がらせでも成立します。

また、指導・叱責に飲み会の席で冗談で言ったなどでも、相手が苦痛に感じている場合は、パワハラになるケースがあります。

 

パワハラには種類がある

厚生労働省が運営している「あかるい職場応援団」では、パワハラは6タイプに分類分けされています。

 

【身体的な攻撃】

書類などの備品を投げつける。体を殴るや蹴るといった暴力に、座っている椅子を蹴るなど、部下や同僚、周囲の人を威嚇し従わせようとする行為にあたります。

 

【精神的な攻撃】

同僚や部下の目の前で長時間叱責される。他の職員を宛先に含めてメールで罵倒される。

飲み会に強引に誘われるなど、精神的に圧迫され、名誉棄損や侮辱にあたる言動により追い込む行為。

 

【人間関係からの切り離し】

学校ではシカトに分類される。職場には存在がないような振る舞いを行われる。話しかけても聞いてくれない、部署単位やチーム単位で配布されるはずのメールが届かないなど業務を円滑に進める妨げをする行為。

 

【過大な要求】

仕事の量が多いというだけではパワハラとは言えませんが、新人に終わるはずのない膨大な仕事を押し付ける。就業規則を書き写すなど、仕事とは関係のない作業を行わされる行為はパワハラになります。

 

【過少な要求】

過大な要求とは逆に、自身の能力とは関係ない仕事をやらせたり、仕事を全くさせない行為にあたります。例えば、営業職なのにコピーだけや書類の整理のみしか行わせてくれないなど、経験や能力を活かすことができない環境に配置される行為。

 

【個の侵害】

業務上に必要のないプライベートに関することを聞き出そうとする行為。スマホやロッカーなど私物を覗き見るや、旦那や妻に対して悪口を言われるなど、仕事とは関係ない部分の管理をしようとする行為。

 

このように、パワハラには数多くの種類が存在しています。パワーハラスメントが原因で辞める社員が急増した理由は、会社という閉鎖的な空間の中の人間関係が問題となるケースが多いことが良く分かります。

 

まとめ

現在、パワーハラスメントで職場に居場所を感じられない、耐えがたい屈辱を受けている方は、決して考えすぎないようにしましょう。パワハラで会社を辞めることは悪いことではありません。心と身体を守ることも大切です。

 

退職代行MIRAIでは、パワハラやセクハラなどのハラスメントで会社を退職したい方のサポートを行っております。パワハラのない新しい職場を目指し、転職活動を行いませんか。

おすすめの記事