退職願と退職届の違いとは?

退職願と退職届の違い

会社を辞める際には、一般的に2つの書類が必要です。これらについてですが、どのような違いがあるのでしょうか?言葉だけみるとどちらも同じようなもので、どちらでもよい気がしますが、明確な違いがあります。
まず、退職願についてですがこれは会社に対して退職の意思を示すために提出する書類のことです。自分が退職を希望する日付を入れて、会社に出来るかどうかを伺うという書類になります。これを出しただけでは正式に退職が決定するわけではありません。あくまでも意思を示すだけになります。会社の方でも人員の補充や、引継ぎなどもあるので希望する日付にさせることが出来るかどうかを検討します。

退職届というのは、退職願よりもずっと重要な書類になっていて、会社がこれを受理することで正式に決定するというものです。つまり、退職願については撤回することも出来ますが、退職届は撤回することが出来ないということです。

また、これらは意味合いが異なり、退職届の場合には受理されれば退職が決定するということになります。一般的にはいきなり出すのは、大きな混乱を招きますので、まずは意思を示して正式に退職が決定したら退職届を出すようにしましょう。これが一般的なマナーですので、マナー違反にならないように注意してください。常識のない人と判断されてしまいます。

書類は誰に出す?

退職を決意したら、いきなり準備するのではなく直属の上司にまずは口頭で伝えるというのが一般的なマナーです。会社側もいきなり辞めると言われると困惑してしまうので、退職までのスケジュールに余裕を持って相談するようにしましょう。相談して了承を得てから会社に出します。これを出すのは、自分の上司に提出をします。

決まったら、仕事の引継ぎや関係各所への挨拶回りもしておくようにしましょう。同僚や取引先などにも必要に応じて伝えておく必要があります。必要な連絡事項などがあれば伝えておきます。

まとめ

会社を退職する際に出す書類には、2種類の物があります。言葉は似ていますが、書類の重さが大きく異なります。退職届は退職が決まる書類で、撤回することは出来ません。一般的には、まずは直属の上司に口頭で退職の相談をして了承を得てから、退職願を提出、正式に退職が決まったら退職届を提出するという流れになります。これから会社を辞めようと考えている人は参考にしてみてください。

参照サイト
https://mynavi-creator.jp/knowhow/article/how-to-write-resignation

おすすめの記事