退職したいのに会社が引き止めを行う

すんなり辞められない?

会社を辞めたいと上司に相談したら、引き止めにあうということがあります。それを行う理由には、いくつかのものがあります。主なものとしては以下のようなものがあります。

  • 貴重な人材である(代わりのいない優秀な人材)
  • 人材不足である
  • 部下が退職することで、上司の評価が下がるのを恐れている

このようなことから、引き止めを行います。貴重な人材であるという場合にはやはり会社側も強く引き止めることがほとんどです。優秀な人材の代わりはすぐには見つかりませんので、待遇面の改善などを持ちかけながらなんとか辞めさせないようにするということが多いです。

 

また、他には、人材不足であるということです。ただでさえ人材が足りないという状況の中で退職されてしまうと、他の人にかかる負担が大きくなり業務が回らなくなるということで引き止めを行います。

 

さらに辞められてしまうことで、自分自身の評価が下がってしまうということから、上司が無理やり辞めさせないようにするということも多いです。その人が必要ということではなく、自分の評価を下げたくないという自分自身の保身のために行うのです。

 

引き止めにあった場合はどうする?

退職したいけれど会社から引き止められたという場合にどのように対処すればよいのでしょうか?まず、しっかりと考えておきたいのが、自分自身がなぜ退職したいのかをはっきりとさせておくことです。待遇や会社に不満などがあり会社を退職したいと考えているケースや転職のため、人間関係など色々なことがあるでしょうが、それを明確にしておきましょう。

 

明確にしておけば、会社から引き止められても動じることなくしっかりと引き止めを断ることが出来ます。逆にただなんとなくでは、会社側からの引き止めで心が揺らいでしまう可能性が高くなります。これから退職を考えている人は、その点をしっかりと考えておきましょう。とても重要なポイントになります。

 

まとめ

退職する際に会社側から引き止められるということがあります。その理由はいくつかありますが、それをされてもしっかりと断るためには、自分自身がなぜそうしたいのかを明確にしておくことです。そうでないと引き止められた時に、心が揺らいでしまうことになります。これから退職を考えている人は、参考にしてください。必ずしもすんなりと辞めることが出来ないという場合もあるのです。

 

参照サイト
https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/11129/

 

おすすめの記事