会社を退職したい時どうする?

 会社を退職したい場合の方法は2つ

自分が現在働いている会社を退職したいという場合、主に2つの方法があります。1つは自分で退職するという方法です。もう1つは、他人の力を借りて退職するという方法です。日本では本来前者の方法が一般的でしたが、現在ではパワハラ、セクハラ、ブラック企業など様々な理由によって自分の力だけでは退職することが出来ないというケースが増えています。

そのような場合に、退職代行サービスを利用して退職するという人が増えています。退職代行サービスを利用するには費用が数万円程度かかりますが、自分で辞める意思を伝えるのが難しいという比較的若い年齢層が利用しているケースが多いです。費用をかけても退職したいという人は利用してみるのもよいでしょう。

もちろん、自分1人で退職することが出来るという場合には費用がかかりませんので、自分だけで行うのがよいでしょう。退職代行サービスを利用したほうがよいかどうかは、それぞれの会社の状況によって異なります。

退職の意思を伝えるタイミング

働いている会社を退職する場合にはまず、そのタイミングが重要です。「今日で辞めます」と言われたら会社の上司も同僚も混乱してしまいます。また、退職が決まれば代わりの人を採用することにもなりますし、担当していた仕事の引継ぎなども行う必要があります。そのようなことから退職することを決めたら、出来るだけ早く伝えるようにしましょう。

一般的には2ヶ月前くらいに退職の意思を伝えるというケースが多いです。突然退職するというのは、自分自身の評判を落とすだけでなく多くの人に迷惑をかけることになります。会社と喧嘩別れするのではなく、あくまでも円満に退職するということが大切です。

また、退職した後も社会保険の手続きに必要な書類などもありますので、そのようなことを考えてもしっかりとした退職までのスケジュールを作り、円満退職に持っていきましょう。

まとめ

会社を退職したいと思ったらまずは、自分だけで退職することが出来るか?それとも退職代行サービスなど他人の力を借りる必要があるかどうか?を確認します。それから、会社に迷惑がかからないようにするためにも少なくても2ヶ月前くらいには、会社に対して退職の意思を伝えておくようにしましょう。会社と喧嘩別れせずに、円満に退職するためにも余裕のあるスケジュールを組むことは非常に大切です。覚えておきましょう。

参照サイト https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/934/

おすすめの記事