会社が退職を認めてくれない場合の対処法

退職を認めてくれない

現在働いている会社を退職しようと決意して、会社に伝えたら様々な理由をつけて辞めさせてくれないということがあります。

よくあるのは以下のようなパターンです。

  • 代わりの人材が見つからない為、見つかるまで待ってほしいという
  • 辞めたら訴えるなど、脅される
  • 退職届を提出しても受け取らない
  • 辞めると言ったら、罵声を浴びせられた

どれもよくあるケースですが、なかなか難しい問題です。退職する場合には、必要になる書類もあるからです。離職票や年金、保険証などのものです。出来れば会社と揉めずに、辞めたいけれど会社が認めてくれないことにはどうすることも出来ないと悩んでいる人も増えていると言われています。

辞めさせてくれない場合にはどうする?

一番良いのは、会社と話し合って揉めずに退職することですが、それが難しいという場合もあります。話し合いで決着がつかない場合には、自分だけで解決するというのはほぼ不可能です。そのような場合には第三者に協力を求めるのがよいでしょう。無理に自分だけで解決しようとすると、余計にこじれてしまうことや、体調を崩してしまうなどということもあります。

とくに、真面目な人ほど自分1人で解決しようとしがちですが、他人が間に入った方が解決する確率が高いです。そんな時に便利なのが、今流行りの退職代行サービスというものです。これは、簡単に言えば自分の代わりに退職手続きを行なってくれるというものです。ブラック企業などをはじめ、辞めたいのに辞めさせてくれないなどという場合に利用する人が多いです。

また、会社に直接いいづらいという人も利用するケースが多いと言われています。退職代行サービスを上手く活用していきましょう。1人で悩んでいても解決することは出来ません。まずは簡単な相談だけでもしてみるとよいでしょう。インターネットで検索するとすぐに見つけることが出来ますよ。実績にあるところに依頼するのがおすすめですよ。

まとめ

働いている会社を退職したいのに、会社が認めてくれないという場合には、1人で解決しようとするのではなく退職代行サービスを利用してみるとよいでしょう。自分だけで解決しようとすると体調を崩してしまうことや、余計に話がこじれてしまうことがあります。第三者に協力してもらうことで解決するのがおすすめです。退職代行サービスは実績のあるところを選ぶのがよいでしょう。

参照サイト
https://www.zangyou.jp/columns/1064/
https://tenshokuz.jp/taishoku-daiko/

おすすめの記事